脇の臭い対策ねっと -わきがの悩みや脇の臭いを解消するために-

脇の臭い対策ねっとトップ > ワキガの検査方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワキガの検査方法

自分がワキガかどうか判断してもらうために、どこで診てもらってどんな検査を受けるのでしょうか?
ここではワキガの検査についてご紹介します。

ワキガ検査はどこで診てもらう?

まず病院で診てもらうときに何科に行けばいいのか迷われると思います。
わきがの検査を行っているところは一般的に、形成外科、皮膚科、外科などがありますが、その中でも形成外科がいいと思います。
形成外科でしたら普通にワキガ治療というのがあると思いますので、しっかりと見てもらえるからです。
病院選びや診療科の選択をする際はまずはHPでワキガの治療があるかどうかをチェックしてみましょう。ワキガ治療があるところは間違いなくワキガの検査もしてもらえますので安心です。
または総合病院でしたら検査から治療まで診てもらえますので、総合病院でもいいと思います。

どんな検査があるの?

ワキガを検査する方法にはいくつかあるようですが、一般的には問診と試臭検査があります。試臭検査では脇にガーゼを数分間はさんで、その後ガーゼについた臭いを医師やその他スタッフが臭いをチェックするというものです。
その他にも耳垢の状態を調べることもあります。耳には通常の汗腺がなくワキガの原因であるアポクリン腺しかないため、ワキガのチェックに良く使われるのです。科 この場合は耳垢が湿っている人の方がアポクリン腺の働きが活発であることが分かり、一つの判断指標として用いられます。

問診では家族にワキガの人がいるか、脇の部分が黄色くなってしまうか、他の人に臭いのことを指摘されてことがあるかどうかなどの質問を受けて、その応対によって一つの判断が行われます。
このような検査行ったうえでワキガかどうか医師が判断します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加