脇の臭い対策ねっと -わきがの悩みや脇の臭いを解消するために-

脇の臭い対策ねっとトップ > ワキガになりやすい人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワキガになりやすい人の特徴

ワキガにはなりやすい人となりにくい人の特徴や体質があります。ここではどんな人がワキガになりやすいのかご紹介したいと思います。

遺伝的な体質

ワキガになるかどうかは遺伝的な要因が大きく関わっています。
その関係性は非常に高く、両親のどちらかがワキガなら5割の確率で、両親の両方ともがワキガならなんと8割の確率で子もワキガになると言われています。
もし両親がワキガでなくても祖父や祖母がワキガであった場合は、孫がワキガになる確率が高くなってしまいます。

その他の特徴

耳あかが湿っている人
耳あかに関しては、「湿っている人」と「カサカサの人」の2種類のタイプがあるといわれています。そして、ワキガの人に多いのが耳あかが「湿っている人」で、逆に「カサカサ」の人はほとんどワキガにはならないと言われています。これも遺伝的な要因が関係しているため、ワキガと遺伝の関係は本当に大きいことが分かります。

脇毛が濃い人
脇毛が多いと、その分わきの下の通気性が悪くなり、雑菌が繁殖しやすくなります。
雑菌が繁殖すればアポクリン腺からの汗を分解する環境が整いますので、ワキガになりやすいのです。特にワキ毛が多くて多汗症を併発している人は、ワキガになっている人が多いと言われています。

ワキガになりやすい時期

以前までワキガでなかったのにある時期を境に、ワキガ臭がしてくるということもあります。
ワキガになりやすい時期は思春期のアポクリン腺が発達してくる時です。この時期では特に女性の方がアポクリン腺の発達が早くなるため、どちらかというと女性のワキガが発症しやすい時期です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加