脇の臭い対策ねっと -わきがの悩みや脇の臭いを解消するために-

脇の臭い対策ねっとトップ > わきがの手術内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わきがの手術内容

わきがを確実に治すには、やはり手術をするのが一番です。
わきがの手術と言うのは、大きく分けると5つの方法があります。どの手術が適しているかは、きちんと診察を受けなくてはいけません。
ですが、症状によっては自分の希望する手術を受けることが出来ることもあります。手術というと、やはり不安という方もいると思いますので、事前に手術内容をしっかりチェックしておきましょう。

いろいろあるわきがの手術法

一番確実にわきがに効果があるのは、剪除法と言う手術です。
剪除法は、皮膚を切って、直接アポクリン汗腺を取り除くという手術内容になります。わきがの元となるものをダイレクトに除去するため、一番効果が高いと言われている方法です。

そして増えているのが吸引法というものです。
これは、皮膚を数ミリ切開し、その部分に器具を挿入してアポクリン汗腺を吸引します。
また、似たような手術では超音波法というのもあります。超音波法では、皮膚に穴を開けて器具を挿入し、超音波によって汗腺を壊して吸引します。

多汗症も発症している場合

もしも、わきがと多汗症が同時に発症している場合には、削除法という手術が効果的です。
削除法では、皮膚の一部を切開し、アポクリン汗腺と皮脂腺の両方を削除します。つまり、臭いのもととなる腺を取ってしまうので、高い効果を得ることが出来ます。

昔からある手術は、切除法というものです。切除法では、汗腺や皮脂腺を切って縫い合わせて、臭いの元を断ち切ります。ただし、再発の可能性が高いので、今ではほとんど行われていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加