脇の臭い対策ねっと -わきがの悩みや脇の臭いを解消するために-

脇の臭い対策ねっとトップ > エクリン汗腺とアポクリン汗腺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エクリン汗腺とアポクリン汗腺

汗は汗腺から排出されます。汗腺には二種類あります。エクリン汗腺アポクリン汗腺です。
この2つでも臭いのもとになるのはアポクリン汗腺の汗だと言われています。

エクリン汗腺とは

汗の出口である汗腺はエクリン汗腺とアポクリン汗腺の二つあります。そのうちの一つ、エクリン汗腺はほぼ全身の肌に存在しています。特に頭や顔、背中などに多いのがエクリン汗腺の特徴です。

エクリン汗腺から出る汗はエクリン汗と呼ばれ、酸性で99%水という成分をしています。一部カリウムなどが含まれるものの、水分以外の少ない成分もほとんどが塩分です。肌表面の汗孔という穴から排出され、皮膚の表面ですぐ蒸発してしまいます。

このはたらきによって体内の熱を放出する効果があるというわけです。汗のほとんどはエクリン汗腺から出るエクリン汗なのです。

アポクリン汗腺とは

二種類の汗腺のうち、ワキの下、耳、乳輪、そして陰部にある汗腺がアポクリン汗腺なのです。アポクリン汗腺からの汗はアポクリン汗と呼ばれ、エクリン汗とは異なり毛穴から排出されています。

アルカリ性で水分は70%から80%であり、タンパク質や脂質、そしてアンモニアなどが含まれているので臭いがあります。これは無色無臭のエクリン汗とは対照的です。

実は一度汗をかいたあと、24時間ほど活動休止する特徴もあり、エクリン汗腺のように体温調節するという役割もはっきりわかりません。一説にはフェロモンの役割を果たしているのではないかと言われています。

体臭との関係

ほとんどが水分のエクリン汗と、アンモニアや脂質を多く含むアポクリン汗、そのどちらが臭いのもとなのかは、一目瞭然です。

アポクリン汗腺から分泌されるアポクリン汗は、分泌量そのものはたいしたものではありません。量で言えば、エクリン汗が圧倒的ですし、はたらきも活発です。ただ、アポクリン汗は脂肪やタンパク質やアンモニアが多く、臭いが強いのです。

また、アポクリン汗は色素を含むので汗染みにもなりやすいといわれています。汗をかくから体臭が強くなるのではなくアポクリン汗をかく結果、体臭がきつくなるというわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加