脇の臭い対策ねっと -わきがの悩みや脇の臭いを解消するために-

脇の臭い対策ねっとトップ > わきがの原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わきがの原因

わきがの原因となっているのは、アポクリン汗腺という汗腺から出る汗です。アポクリン汗腺は、わきの下、耳の穴の中、陰部の毛の付け根、乳首の周りにしか存在しません。わきがの人は、わきの下のアポクリン汗腺が発達していたり、多いと言われています。そのため、わきがになりやすいのです。

汗自体が臭うのではない

でも、アポクリン汗腺から出る汗は、最初から臭いわけではありません。
実は、普通の汗を出すエクリン汗腺の汗と同じで無臭なのです。

そして、エクリン汗腺から出る汗も、長時間放置していれば、体臭となって臭いを発したりします。ただし、アポクリン汗腺の汗は、エクリン汗腺の汗よりも皮脂を大量に含んでいます。
ですから、発汗後に水分が飛んでしまうと、皮膚のバクテリアや菌などによって分解されて、異臭を発するのです。

つまり、アポクリン汗腺が発達していても、こまめに汗を拭き取っていれば、強い臭いを抑えることは出来ます。しかし、しょっちゅうわきの下を拭くわけにもいかないのが一般的です。
だから、どうしてもわきがを防ぐことは難しいのです。

人によって臭いが異なるのはなぜ?

人によってわきがの臭いが異なるのは、分解する菌が異なるからです。
人によって、皮膚の表面にいる菌が違うので、わきがも人それぞれ違う臭いがするのです。

アポクリン汗腺は子供のころは未発達なので、思春期になるまでは、わきがはほとんど発生しません。
思春期を迎えるころに分泌が盛んになり始め、大人になるにつれて、臭いが強くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加